講座・イベント情報


社会福祉協議会とは
 
「社協(しゃきょう)」の略称で呼ばれる社会福祉協議会は、法的な位置づけとして、社会福祉法第109条で「地域福祉の推進を図る団体」に規程されている社会福祉法人です。民間団体としての「自主性」と広く住民や社会福祉関係者に支えられた「公共性」という二つの側面を合わせ持った団体です。活動財源は、住民のみなさまから寄せられた会費や寄付金、行政からの補助金によって支えられています。

※社会福祉法109条
「市町村社会福祉協議会は、1又は同一都道府県内の2以上の市町村の区域内において次に掲げる事業を行うことにより地域福祉の推進を図ることを目的とする団体であって、その区域内のおける社会福祉を目的とする事業を経営する者及び社会福祉に関する活動を行う者が参加し、かつ、指定都市にあってはその区域内における地区社会福祉協議会の過半数及び社会福祉事業又は更生保護事業を経営する者の過半数が、指定都市以外の市及び町村にあってはその区域内における社会福祉事業又は更生保護事業を経営する者の過半数が参加するものとする。

(1)社会福祉を目的とする事業の企画及び実施
(2)社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助
(3)社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及、宣伝、連絡、調整及び助成
(4)前3号に掲げる事業のほか、社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図るために必要な事業(以下略)」



社会福祉協議会の役割
社会の進歩とともに、私たちの生活が多様化する中で、社会福祉の諸施策も大きく変わり、地域における福祉の取り組みはますます重要となってきました。
 こうした中、社会福祉協議会では、住民主体の原則に基づき、地域の福祉課題解決のために福祉ニーズの把握と住民の福祉意識の向上を図り、地域の一人ひとりの力を尊重したさまざまな福祉の取り組みを支援していきます。


平成28年度「事業計画書」(PDF版)
平成28年度 事業概要「ともに生きる」(PDF版)