講座・イベント情報


低所得、障害者、高齢者等世帯に対し、下記の資金貸付事業を通し、生活の自立と安定、経済的自立支援をおこなっています。

小口資金

市内に在住する低所得世帯等で小額不時の出費のため困窮する方に、一時的な生活のつなぎ資金として、無利子で資金を貸し付け、生活の安定にむけて援助します。

対象者 市内に在住する低所得世帯等
貸付限度額 2万円
貸付利率 無利子
連帯保証人 なし
償還期限 6ヶ月以内


くらし資金

市内に在住する低所得世帯等で疾病や失業により、一時的にお金のやりくりに困ったり、緊急に資金を必要とする方に、無利子で資金を貸し付け、生活の安定にむけて援助します。

対象者 市内に在住する低所得世帯等
貸付限度額 10万円
貸付利率 無利子
連帯保証人 1人
償還期限 9ヶ月以内


生活福祉資金

 低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉及び社会参加を図ることを目的として「生活福祉資金貸付制度」があります。
 生活福祉資金の貸し付けは、低所得世帯(市町村民税非課税程度)、障害者世帯、高齢者世帯、失業者世帯といった「世帯」を単位におこない、それぞれの世帯の状況と必要に合った資金、例えば、就職に必要な知識・技術等の習得や高校、大学などへの就学、介護サービスを受けるための費用等を借り受けることができます。
 また、この制度では、生活福祉資金の貸し付けによる経済的な援助にあわせて、地域の民生委員が資金を借り受けた世帯の安定した生活を取り戻すためにさまざまなお手伝いをしています。


・生活福祉資金貸付制度を利用できる世帯

低所得世帯 必要な資金の融資を他から受けることが難しい市町村民税非課税程度の世帯
障害者世帯 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者が属する世帯
高齢者世帯 日常生活を送るうえで介護等を要する65歳以上の高齢者が属する世帯
失業者世帯 生計中心者の失業によって生計を維持していくことが困難な世帯

※貸し付け資金の種類や貸付限度額などの条件の詳細については、社会福祉協議会へお問い合わせください。